une anémone*
   mail

  | Home | About us | News & Information Lesson Menu Seasonal PetitSchool Menu | Workshop | Book |Works| Access |

 
 
Leçon de choses végétales
  
 
     ●アトリエについて
 
   
  
    
   
    アトリエでは、香草・薬草を用いた小さな講座を開講させていただいています。
    香草や薬草たちはお薬のない時代より用いられてきた歴史深いものたち。
    古代の人々は、その美しい植物を祈りに、また傷病治癒に、日々の暮らしにと役立ててきました。
    

    また人の身体を作るのは緑~美しい植物たち。
    アトリエでは、この薬草たちをつかった植物療法、ハーブ療法を
    予防療法や未病改善としてさまざまにご紹介させていただいています。
    月がわりの講座や1dayのワークショップ、セミナリオまで。
    また時折はハーブアカデミアとしても。
    奇をてらったものなどではなく、日々の暮らしのなかでの
    無理のないやさしくシンプルなレシピばかりを集めさせていただきました。

    植物療法、ハーブ療法に使われるのが5,000種とも数万種ともいわれる多様な薬草たちです。
    中国では1999年に動物、鉱物をふくんだ
    約9,000種の生薬をまとめた書物も編纂されたほどです。
    いつの時代でも薬草たちへの興味は尽きぬものがあります。
    身近なようでいて意外と知られていないことも多い薬草だったり。
    あなたにとってまた植物が日々暮らしのより良い知恵やエッセンスとなりますよう。



    レッスンについて

    小さな講座でのお野菜たちや香草はアトリエの小さな菜園から届きます。
    それぞれの季節に収穫されたオーガニックな、より安全なものなどを使っています。
    無農薬のものを中心に、平飼い鶏の卵など、自然素材、天然のものなど、自然派COOPの素材も多用させていただいています。
    また躰を温めるといわれる北の食材なども取り入れるなど様々まじえ
    昔ながらの日本の伝統食、和食の知恵の再考などもかかさずに少しずつ見つめなおしてもいます。

    小さな講座は初級クラスのセミナリオと上級クラスのコレジオから。
    日本でも16世紀に創られた神学校に因んでもいます。
    当時のセミナリオでは、ラテン語、音楽、芸術と広く学ばれたようです。
    どうぞ集う方の小さな励みともなりますよう。



    植物療法について

    また植物療法というとどうしても限定されてしまうようなイメージとなります。
    体質改善などに使われるハーブはいわゆる薬草。とても広範囲です。
    アトリエではいわゆるメディカルハーブとしても扱われる
    ゴボウ、ガーリックなどのような野菜たちやキノコ類など菌類、
    薬理作用の強い野菜なども含め食を通じた香草講座としてもお伝えしています。

    専門的にいうとフィトケミカルと呼ばれる植物化学成分は
    薬理作用のある薬草・ハーブや野菜たちばかりではなく、雑穀、発酵食品などにも多く含まれるものです。
    特に未病といわれる状態や不調になりがちな時には
    この植物療法を上手に取り入れていただくことによってゆっくりとした内側からの改善を図ります。
    いわゆる食療法、食滋養ともいわれるものです。

    ただ既往症のある方、お薬を服用されている方々は
    お薬の効果を低下させる薬草や植物たちもあるため
    薬剤師の方、お医者様などとよくご相談の上お問い合わせいただきますようお願いいたします。

Copyright(C)ATELIER BIS. All right reserved